キレイに振り切るには肩にダーツを残して時間差で飛んでいくイメージがいいかも

ダーツの綺麗な飛びを実現するためには、最後のフィニッシュまで綺麗に振り切れていることが大切です。

 

あなたはこんな経験ありませんか?

 

途中で詰まるような感じになったり、力みすぎてダーツがボードに刺さっているのにまだ腕は振っている途中。

 

飛びが悪くなる原因はいろいろありますが、一番はダーツが飛んで行こうとする方向に綺麗に力を乗せれていない事だと思います。

 

 

 

肩にダーツを残すイメージ

素振りをすると分かりますが、素振りの時って普通にフィニッシュまで綺麗に腕を振り切れますよね?

 

ではなぜダーツを持つと綺麗な振りが出来ないことがあるのでしょうか。

 

素振りの時とは違って、ダーツを持っていると意識するだけの事で無駄に力んでしまっているのです。

 

では、テイクバックしてそこからフィニッシュまでの間にダーツを持っていないイメージで投げるとどうでしょうか?

 

このイメージは合う人は合うのですが、合わない人は全然合わないのでだめだと思ったら変な癖になる前にやめましょうね。

 

 

イメージの持ち方

まずいつも通りテイクバックします。

 

ダーツの重さを感じるところまで引いたら、そこで手を開いてダーツを肩に残したままスイングに入るイメージで投げてください。

 

うまくタイミングが合えば力まずにスピードのあるスイングができると思います。

 

その時にダーツは肩に残してきて、スイングした後に時間差で自分のスイングの軌道をダーツが追いかけるイメージを持つと

 

綺麗な飛びを出しやすいと思います。

 

 

 

このイメージで何が変わるのか

このダーツを肩に置いてけぼりで振り切るイメージで投げることによって何が変わるかと言いますと、

 

テイクバックより後はダーツを持っていることを意識せずに素振りに近い状態で投げることが出来ます。

 

そうすることによって無駄な力みを無くしてダーツに綺麗に力が乗るようになります。

 

 

 

狙って投げる人には合わないかも

この投げ方はラインイメージを持って投げる方や、フォームで投げる方には理解できると思いますが、

 

一投づつ丁寧に狙ってそこに向かってダーツという物を投げているイメージの方には向いていないと思います。

 

たまにBフラの人に投げ方を教えてといわれるのですが、その人のフォームを一から作ってあげることはできないので、

 

その人に合えば上達できるきっかけになるコツを教えるようにしています。

 

自分に合う合わないがあるので、このイメージでは微妙だなって方は他のページにもいろいろコツを紹介していますので良かったら見てください。

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ