ダーツの重さを感じるためには腕の脱力だけではダメ

ダーツで脱力を意識して投げるとダーツの重さを感じて投げれるとよく言われると思いますが、私は逆だと思っています。

 

ダーツの重さを感じていると脱力ができて投げれるのだと思います。

 

どっちでもいい事なのですが、先に重さを感じる事を考えてやった方が、脱力できている状態が分かりやすいです。

 

 

 

脱力するだけではダメ

ダーツの重さを感じながら投げることは非常に重要なことだと思います。

 

しかし、脱力ばかりを意識してダーツを飛ばすための必要最低限の力量が分からなくなる事はありませんか?

 

脱力ばかりを意識して最初から最後まで筋肉がゆるゆるの状態で投げるのは不可能ですよね?

 

確かに、脱力した状態で投げ続けれたらそれがいいのですが、途中で入らなくなった時にちょうどいい脱力の基準が分からなくなって結果ダメダメになっていくことありませんか?

 

 

 

ダーツの重さを感じる為に

ではダーツの重さを感じるとはどういうことでしょうか?

 

手のひらにダーツを乗せると重さを感じられると思います。

 

そのままグリップしてみるとどうですか?

 

グリップしてセットアップした状態でダーツの重さを感じる為には、ダーツの重さに意識を持っていかないと難しいと思います。

 

それでもダメなら思い切ってダーツの重さを感じられるグリップに調整するのもいいかもしれません。

 

 

 

テイクバックで重さを感じる

重さを感じるポイントを作ると脱力の基準ができます。

 

セットアップからダーツの重さでテイクバックするイメージで、テイクバックの最下点で重さを感じたらその力加減がちょうどいい脱力状態となります。

 

ちなみに、見ててよく思うのが腕の脱力を意識している人は多いのですが指の脱力って意識した事ありますか?

 

指の脱力を意識するとダーツの重さを感じやすくなります。

 

 

手の重さを感じる

それでも重さを感じられないという人は、ダーツよりも手の重さを感じるように意識するといいかもしれません。

 

グリップの握り方によるのですが、グリップをした時の手の形がじゃんけんのグーの形に近づくほど、テイクバック時に重さが感じやすいと思います。

 

 

 

最後まで重さを感じて投げる

テイクバックでダーツの重さを感じることができれば、そのままスローに入っていきますが

 

その時にもずっとダーツの重さを意識しながら投げるようにしましょう。

 

フォロー時にもダーツの重さの感触を求めるといいかもしれません。

 

 

 

ゆっくり動かす

ゆっくり動かすほどにダーツの重さを感じやすいと思います。

 

スピードが速いと重さは感じにくいです。

 

ゆっくり動かして徐々にスピードとリズムを作っていきましょう。

 

 

 

まとめ

ダーツの重さを感じて投げれる方は、重さを感じている状態がちょうどいい脱力になると思います。

 

ダーツという物を投げているという意識を忘れずに、自分なりの重さを感じるポイントを作ってみてください。

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ