ダーツで調子の悪い時に勝てる力を身に付ける「調子が悪い」は口に出さない

皆さんは調子が悪くて全然入らないって時どうしてますか?

 

もし、その時に誰かにメドレーを申し込まれたら普通に受けますか?

 

私の周りには大きく分けると3パターンの人がいます。

 

普通に受ける人、「今調子が悪いんだ」と言ってから受ける人、「今調子が悪いから無理」と断る人。

 

大体この3パターンです。

 

今回は私の個人的な愚痴から記事を書き始めたので個人的な見解になります。

 

しかし、そこから上達に大切なことがあるなと感じたのでお伝えしたいと思います。

 

 

 

調子がいい時しか試合できないの?

確かに誰だって調子が良く、いつも通りいつも以上に投げれるときに試合したいと思います。

 

しかし、それでは勝負強さは身に付きません。

 

もし、大会でいつもより調子が悪い場合に試合を先延ばしにしてもらうのですか?

 

どんなコンディションでも投げる力がないと、当然試合では勝てません。

 

私は絶対大会にも出ないし、調子のいい時だけ投げるだけで満足しているって方は

 

それでいいと思いますが、大会や試合って大抵ダブルスがあるので

 

ペアの相手がいるわけですよね。

 

実は先日の大会で私のダーツ仲間が試合中に

 

ペアの人に「今日は調子悪いから俺入らないよ」と言って大喧嘩することがありました。

 

結果勝てるはずの相手にぼろ負けの内容でした。

 

 

 

 

調子が悪いと言うのはデメリットしかない

調子が悪いと言ってしまうのは簡単ですが、それによっていい事って一つもないと思います。

 

自分は今調子が悪いから入らないと思い込んでなおさら入らなくなりますし、

 

周りの人もいい気がしません。

 

調子が悪いからレーティングが下がるから投げないって私からすると意味が分からないです。

 

私は調子のいい時と悪い時全て含めたのが自分のレーティングだと思います。

 

大抵調子が悪いっていうタイミングは自分より下のレーティングの人との試合の時に多いと思います。

 

先に負けた時の言い訳をしていると感じてしまいます。

 

 

 

 

調子の悪い時こそ伸びるチャンス

ダーツが上手くなるには、まずは自分の最大値を伸ばすより最低値を上げる方が重要です。

 

調子のいい時はAフラ位なら簡単に出せると思います。

 

しかし、Aフラになるには調子の悪い時もある程度投げれないとすぐにBフラに落ちます。

 

なので、調子の悪い時こそ沢山投げるべきだと思います。

 

調子の悪い時に腐ることなく試合をしている人って上達が早いんです。

 

思ったところに入らない時、調子が悪いなって時はこうすれば入るってのを覚えるチャンスなんです。

 

この武器があるだけで全然メンタル面も変わってきます。

 

調子が悪い時でも自分の最低値を上げておくことは勝つためにとても重要な事です。

 

 

 

 

まとめ

調子が悪いのを言い訳にせず、今が上達のきっかけを掴むチャンスだと思って

 

自分で自分を腐らせないでください。

 

調子の悪い時は、調子の悪い時にしか見る事の出来ない何かがあるはずです。

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ