武井壮のイメージ通り体を動かすをダーツに取り入れてみる

武井壮さんの記事を何気なく見ていたらこれダーツに取り入れて

 

型にはまれば一気に上達できるのでは!?

 

と言う事を発見したのでお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

武井壮とは

最近メディアによく登場する武井壮さんですが、自称「百獣の王」という初めて見た時は驚きの一言でしたw

 

そんな武井壮さんは面白いだけではなく、陸上で記録を残したり、ゴルフ、野球にも精通しています。

 

色んなスポーツで活躍できるのは運動神経がいいだけだろ!って思いますが、

 

実はそこに面白い考え方がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ通り体を動かす

武井壮さん曰く、

 

例えばコップに注がれた水を飲む事は百発百中で出来るのに、

 

野球で毎打席ホームランを打てないのは

 

「野球をやっている時の自分の体が思い通りに動かない」から

 

身体が思い通りに動かないやつがスポーツをしても

 

うまくいかないのが当然では?

 

だそうです。

 

 

これは確かにそうですよね。

 

自分のイメージしている体の動きと、実際の動きに誤差があれば当然うまくいきません。

 

 

 

 

 

ダーツも同じ

ダーツに関しても同じことが言えますよね。

 

ダーツはもともとイメージ通りに3回投げる事が求められます。

 

この武井壮さんの考え方をダーツに応用すれば、

 

常に自分の体をイメージ通り動かそうとすることで、

 

フォームの確立も早くできますし、

 

スランプに陥っても何が原因なのか特定しやすいと思います。

 

 

 

具体的なイメージの作り方

イメージ作りにプロのスロー動画はどうかなと思いましたが、

 

身長も骨格も違う人を参考に動くのって難しいんですよね。

 

そこで、自分のスロー動画を撮影することをお勧めします。

 

スローラインに立つ前から投げ終わるまでを誰かに撮影してもらって

 

実際自分がこう投げていると思い込んでいる部分との違いを探しましょう。

 

あとはたまに撮影して、自分のイメージに撮影してもらった動画が近づいているか確認してください。

 

武井壮さんは日常生活の中で常に自分の体がイメージ通り動かせるように訓練しているみたいです。

 

「ペットボトルの蓋のこことここに指のこことここを当てて開ける」

 

くらいの感覚でやっているそうです。

 

生活の中でいつも体がイメージ通り動いているか確認していると、

 

試合になっても生活の一部としていつものイメージ通り体を動かしてやるだけで

 

最高のポテンシャルを引き出せるようです。

 

日常生活すべてをイメージ通りは疲れますが、

 

ダーツの練習中に自分の体をイメージ通りに動かせているかを意識してみてはいかがでしょうか。

 

何か気づくことがあるかもしれません。

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ