ダーツの「入れ方」を身につける!「入っている」との違い

ダーツのAフラ以上の人はダーツの入れ方を知っています。

 

これを理解しておくと練習中の気づくポイントが増えるかもしれません。

 

 

ダーツが入っている状態とは

Bフラレベルになってくると何も考えなくても狙ったところに入る時があると思います。

 

それが入っている状態です。

 

その時の投げ方、精神状態がずっと保つことが出来ればAフラはすぐなれます。

 

しかし、そうそうその「入ってる」状態に持って行くのは難しい上にずっとその状態を保つのは不可能に近いですよね。

 

入っている状態を感覚として身に着けれてきたらBBとかまで一気に上がったりもします。

 

しかし、Aフラの人達に聞いていると面白い話がありました。

 

 

Aフラ以上の人は「入れ方」を知っている

これに該当しないAフラの人もいましたが、結構な割合でみんなそれぞれの入れ方を持っていました。

 

Bフラの頃の「入ってる」状態に限りなく近い状態に意識してもっていくイメージです。

 

これをすれば入る!っていう入れ方を身に付ければ凄い武器になります。

 

大会で緊張した時など、自分の入れ方があるだけで安心も生まれます。

 

BフラとAフラの違いは「入れ方を知っている」か「入っている」かの違いもあると思います。

 

投げ込まないとこれは身に付かないので自分の入れ方を探してみるのも上達への近道かもしれません。

 

 

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ