ダーツで力を抜く為には考え方を変える必要がある

ダーツが綺麗に飛ばない人の原因の一つに力が入りすぎている事があります。

 

よく周りから「力入れすぎ」とか「もっと力抜いて」

 

と言われたことはありませんか?

 

言うだけなら簡単なのですが、力を抜くって非常に難しい事なんです。

 

 

 

力を入れるポイントを覚える

力を抜く事よりもどこに、どのタイミングで力を入れたらダーツが飛ぶのかを知る必要があります。

 

完全な脱力は修行でもしないと到底無理です。

 

それよりも、ダーツが飛ぶにはどこに力を入れればいいのかを知る方が重要です。

 

 

 

力は絶対に入る

ダーツを投げる時、絶対に力は入ります。

 

極端な言い方をすれば足に力を入れないと立つことも出来ませんよね。

 

腕を上げるのにも力を入れますよね。

 

なので、力まないフォームを意識してしまうと、逆に無意識に力を入れたくなってしまいます。

 

 

ダーツの軌道を直線でイメージしない

力む人の多くはダーツを直線でイメージしている人が多いように思います。

 

ダーツは必ず弧を描いて飛びます。

 

まずはそこの意識を変える必要があります。

 

 

【関連記事】

ダーツでラインイメージを作る練習法

 

 

 

目標は楽に投げる事

ダーツの力の入っていないと言われるフォームの理想は

 

「楽に投げられるフォーム」です。

 

楽に投げるには力を入れなければいけない部分に最低限の力を入れて投げるだけのシンプルなフォームです。

 

楽に投げれる事こそが無駄に力が入っていないフォームになります。

 

 

 

力を入れてはいけない場所を知る

投げ方は人それぞれなので、「ここ!」とは教える事はできませんが、

 

楽に投げるためには、力を入れてはいけない場所があります。

 

私の場合は肩です。

 

力の入れ方を、体の一か所づつ意識しながら投げると、

 

力が入ると摩擦が起こってダーツに力が伝わらないイメージが湧くポイントがあるはずです。

 

無駄をそぎ落とす感覚で少しづつ楽なフォームを探してみて下さい。

 

「力を抜いて投げる」という本当の意味が分かるかと思います。

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ