ダーツで肩抜きのやり方とメリット&デメリット

ダーツで肩抜きと聞くと「肩の力を抜く」と思っている方が多いようですが、全然違いますw

 

肩抜きは海外選手が多く取り入れているのですが、

簡単に説明すると

「支点を肘から少し上にズラす」

ですね。

 

 

やり方と共にメリットやデメリットがあるので解説したいと思います。

 

 

 

 

肩抜きのやり方

 

YouTubeで上手に説明してくれている動画があったのでピックアップさせて頂いてます。

 

 

 

肘を支点にして投げている方が殆どだと思いますが、支点を肘から少し上にズラして

 

テイクバックからスルーに移るキッカケに「肘を引く」

 

という動作を取り入れてやると不思議なことに腕が勝手に振れてしまうんです。

 

 

 

そうすることで無駄な力を入れずにブレの少ないスイングができるようになります。

 

 

 

 

肩抜きのメリット

肩抜きを取り入れると色々なメリットがあります。

 

・縦のラインがブレにくい

・疲れにくい

・スイングがコンパクトになる

・飛びが良くなる

・フォロースルーが一定になる

・肘への負担が激減する

 

肩抜きは主にウエイトの重いダーツをひたすら投げ続ける海外のハードダーツの選手が使っている投げ方なんです。

 

これを取り入れると支点が上がる分スイングがコンパクトになり、ダーツがシャープな飛びをします。

 

 

実は私も肩抜きをフォームに取り入れています。

 

取り入れたきっかけは、ダーツを投げていると肘が痛すぎて途中から集中して投げれなくなっていたんです。

 

いつも周りから「振りが強い」と言われていたのですが

自分では全く分からず肘へ負担をかけ続けた結果痛みが出始めました。

 

そこで私のダーツの先生から「肩抜き」を提案されてフォームに取り入れました。

 

肩抜きを取り入れる事によって、振りが柔らかくなり、

 

支点も肘では無くなるので肘への負担が激減して今では痛み知らずです。

 

 

しかし、肩抜きにはデメリットも存在します。

 

 

 

肩抜きのデメリット

実際肩抜きを自分のものにしてしまえばデメリットは殆どありませんが、私が肩抜きを覚えるまでと

 

覚えてから感じたデメリットがありますので説明したいと思います。

 

 

・元のフォームが分からなくなる

・慣れるまでレーティングが下がる

・やり方を間違えると肩が痛くなる

 

実際私が肩抜きを練習し始めて1番始めに感じたのが、

「肩が痛い」ですw

 

肘を引くことを意識し過ぎて肩へ負担が全部掛かっていました。

 

そして、慣れていない事をするのでレーティングも下がっていました。

 

フォームを元に戻そうかなって思っても

テイクバックの後に肘を引く癖が付いてしまったので

元のフォームで投げれなくなっていたんです。

 

 

リラックスしやすいフォームの筈が、逆に力んで投げるようになっていました。

 

試行錯誤した結果、ここだけ抑えれば出来るというポイントを発見しました。

 

 

それはテイクバックの後にスイングへ移る際、動作の初動としてだけ肘を引くイメージです。

 

そうする事で飛びが驚くほど良くなり、肩の負担もなくなりました。

 

私の勝手なイメージですが、肘を引いた後は体が勝手にフォロースルーまでしてくれる

くらいまで脱力して肩抜きをしてみると早く慣れるかもしれません。

 

 

肘を痛めて悩んでいる方や、振りが強いと言われている方は一度試してみるといいかもしれません。

 

長時間リラックスして投げるには必要なスキルかと思います。

 

 

【関連記事】

ダーツで肩抜きの投げ方や支点のイメージと出来ているかの判断方法

 

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ