ダーツのグリップを安定させる2つのポイント

ダーツで永遠のテーマとも言われるグリップですが、

グリップが気になって違和感なく投げれないという方もいるのではないでしょうか。

 

今回はそんなグリップについて取り上げてみます。

 

 

 

 

親指に乗せる

 

ダーツのグリップはフォームと同じで十人十色ですよね。

 

しかし、グリップの中にも基本は存在するわけで

そこを踏まえたオリジナルグリップを探してみるといいかも知れません。

 

1つ目のポイントは「親指に乗せる」意識を持つことです。

グリップで悩んでいる人は親指と人差し指で均等の力で挟むという方が多いように思います。

 

挟む力加減に意識を取られるくらいなら、

 

親指に乗せて人差し指で落ちないように支えてやる。

というイメージで持つとかなりダーツの重さの感じ方が変わると思います。

 

これができると凄く楽に投げれます。

 

逆に人差し指に乗せるように持つと引っかかったりして綺麗に飛ばないと思います。

 

しかも親指に乗せて投げてやると流行りの左回転になりやすいですw

 

プロのフィニッシュを見ていると親指をターゲットに向けている人が多いのもそのせいかと思います。

 

毎回フィニッシュが同じになるのでフォームも安定してきます。

 

 

 

自然に離れるグリップを目指す

 

グリップの目指すところは、スイングの途中で意識しなくても自然と同じタイミングで離れて飛んで行くグリップが理想的です。

 

ダーツは指から離れた瞬間にどこに刺さるか決まっています。

 

指から離れたダーツは操作のしようがありません。

 

しかし、毎回同じタイミングで離れて飛んで行く為にはスイングのスピード、縦と横のライン、フィニッシュの形も同じでなくてはなりません。

 

ダーツのグリップは気にする事が多い反面、

形になってしまえば気にしなくてもいい所になってくるので、自信の持てるグリップを作ることをオススメします。

 

自分がダーツを構えてからフィニッシュまでの過程で自然に離れて飛んで行くグリップはここぞ!という時の武器になります。

 

 

しかし、あまり極端にやり過ぎるとグリップの迷宮にハマってしまうのでまずは軽く試す程度にやってみてはいかがでしょうか?

 

 


<スポンサーリンク>

ブログランキング参加中!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

Aフラへの最短距離を進むなら

管理人の私が実際に購入し、DVDをみた感想のレビューページを作成しています。

 

教材DVDが気になるけど、値段以上の価値があるのか気になる方は一度覗いてみて下さい。

 

【レビューページ】

「知野真澄式」DVDを見た感想!実際どうなの?本当にこれでうまくなれる?

 

 

ダーツ用品はネットが安い

楽天市場

タグ: 

カテゴリ:グリップ  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ